筋トレと筋肉痛について思うこと

学生時代 部活でみんなと一緒につらい思いをしながらトレーニングしていた頃は筋トレには筋肉痛がつきもので、筋肉がついてきている証拠だから痛いのは仕方ないと思っていたのですが、実は筋肉痛は筋トレに必ず必要なものではないことを最近知りました。

 

筋肉が強化されるときにはもちろん筋肉が一部傷ついて、そこから超回復で強くなっていくのですが、そこに痛みがでるとは限らないのだそうで、筋肉が力を入れながら縮むときは筋肉痛にはならず、筋肉が力を入れながら伸びるときにのみ筋肉痛になるのだそうです。

 

ダンベルを上げる動作は問題なし、降ろす動作で痛みがつくられるというわけです。ジムのトレーニングツールで押すだけのマシンは使ったあと筋肉痛にならなかったのはそういうわけだったのかと得心がいった次第。

 

最近話題になっている筋肉サプリなどを使えば、筋肉痛になるリスクは更に低減できるでしょう。時代とともに栄養学や運動生理学は進歩しているので、アスリートのパフォーマンスもそれに伴って上昇しているのでは無いかと思います。

 

筋肉痛が気になる人にはクレアチンやHMBが良いでしょう。まとめて摂取できるサプリもあるようですね。